トイプードルのヘルニア:再発を防ぐ5つの対策

toipu-doruheruniasaihatu

ヘルニアの悩み

  • 再発を防ぐために、自宅でどんなことに気をつければいいのか知りたい
  • からだに負担をかけないように運動を制限しているので、運動不足にならないか心配

このようなお悩みを解決します。

トイプードルの椎間板ヘルニアは症状が改善しても、再発する可能性のある病気です。

改善後の再発予防策が重要になるということです。

そこで、ヘルニアの再発を防ぐ5つのポイントを解説します。

当サイトコンテンツは、飼育員・動物看護師・小動物看護士・愛玩動物飼養管理士,救命士・ペット食育士・トリマー・ホームドッグトレーナーなど資格を持つ専門家が監修しています。

トイプードルのヘルニア:再発を防ぐ5つのポイント

toipu-doruheruniasaihatu

ヘルニアを再発させないために飼い主ができることは以下の5つです。

  • 体重管理をする
  • 運動方法を考える
  • 室内環境を整える
  • からだに負担がかからないように抱っこをする
  • リードや首輪などを見直す

順番に解説していきます。

1.体重管理

体重管理をするためには「食事管理」と「適度な運動」が大切です。

特に、椎間板ヘルニアを発症すると運動を制限されることが多いため、気をつけて管理しないと「肥満体型」になってしまいます。

肥満は犬の関節への負担だけでなく、糖尿病や高血圧、心疾患などを発症するリスクが高まります。

愛犬の食事管理は飼い主にしかできないので、きちんとサポートしてあげましょう。

食事管理:フードの量と質を見直す

適正体重を維持するためには「食事管理」が欠かせません。

椎間板ヘルニアを発症すると今までより活動量が減るため、ドッグフードの量を見直す必要があります。

ドッグフードの見直しポイントは以下2つです。

  • 今現在与えているドッグフードの量を減らす
  • 肥満犬、ダイエットフードに切り替える

今現在与えているドッグフードの量を減らすだけでも効果は期待されます。

ただ、「太り気味」の傾向がある場合は、肥満犬用やダイエットフードに切り替えた方が効果的です。

その際、ダイエットフードという言葉だけでなく商品の成分表示を確認することが大切です。

犬の健康を維持するためには良質な「たんぱく質」が欠かせません。

たんぱく質は筋肉や骨、臓器、皮膚、被毛、爪などを構成したり、血液を作り出す働きがあります。

たんぱく質が不足すると、抜け毛や毛艶が悪くなったり体力が低下して免疫力が落ちたりします。

そうなると、病気にかかりやすくなり、子犬の場合は発育不全が起こることもあります。

また、たんぱく質を多く摂取すれば良い訳でなく、「良質」かつ「適量」を摂取することが理想です。

理想的な栄養素

  • 肉や魚などのたんぱく源
  • 穀物などの繊維質
  • 野菜や果物
  • 良質な脂質、ビタミン、ミネラル

上記のように、犬の健康維持には多くの栄養素がバランスよく含まれている必要があります。

最近では手づくりご飯も人気ですが、主食には「総合栄養食」と記載されているドッグフードが望ましいです。

総合栄養食ってなに?

総合栄養食とは、「毎日単体で与え続けても犬の健康を維持できる栄養バランスの整った食事」のことです。

BCS(ボディ・コンディション・スコア)

椎間板ヘルニアになると、獣医さんに「太り過ぎないように」と言われます。

では、どのくらいが太り過ぎなのでしょうか。

トイプードルの平均体重は3~4㎏であるものの、1㎏や4㎏など体格差はさまざまです。

そこで、「BCS(ボディ・コンディション・スコア)」を参考にし、理想体型かどうかを確認します。

BCSとは

犬の体型をBCS1~BCS5までの5段階で表すことです。

真上や真横からのシルエットを見たり、からだ(肋骨、腰椎、骨盤)を触って判断したりすることができます。

toipu-doruheruniasaihatu

出典:飼い主のためのペットフード・ガイドライン

上記のように、理想的な体型は「BCS3」です。

トイプードルはもこもことした被毛に覆われているため、見た目で判断するのは難しいかもしれません。

その場合は、体を触って背骨や肋骨の触れ具合をチェックしてみましょう。

2.運動は「量より質」を意識する

toipu-doruheruniasaihatu

椎間板ヘルニアになってしまった場合は、激しい運動や長時間運動を避けるべきです。

症状が落ち着いたとしても、体に負担のかかる運動は控えてください。

運動は「量より質」を意識することが大切です。

運動する時のポイント

  • 気温や地面の温度をチェックし、寒い日に外出する場合は洋服を着せるなどして体を冷やさないようにする
  • 運動前に体をマッサージして準備運動をする
  • コンクリートではなく、芝生や土の上など衝撃を吸収してくれる場所を歩かせる
  • 帰宅後(運動後)に体をマッサージする

椎間板ヘルニアに冷えは大敵です。

散歩に出かける際は体を冷やさないよう注意することが大切です。

マッサージは難しく考えず、頭から尻尾にかけて背骨を沿うようにさすってあげればOKです。

マッサージは体を温めリラックスさせる効果があるので、ケガの防止にも役立ちます。

次の記事、トイプードルのヘルニアはマッサージが効果的:自宅ケアで詳しいマッサージ方法を解説しているので参考にしてください。

散歩で歩く道はコンクリートよりも、芝生や土の上がオススメです。

リハビリや筋力トレーニングも兼ねて、木の根っこをまたいでみても良いですね。

体が温まってきたら、ゆるやかな坂道やデコボコとした道にも挑戦してみましょう。

室内で可能な脳の運動

散歩をしたくても悪天候で外出できないことがあります。

そんなときは室内で、「脳の運動」をしてあげましょう。

犬の得意分野である「嗅ぐ」という習性を使った神経の運動です。

※以下、参考動画

3.室内環境を整える「滑りにくい床」

室内環境を整えてあげることも必要であり、特に「滑りにくい床」にしてあげることが大切です。

椎間板ヘルニアになると後肢が外側へ開きやすくなり、足に力が入らず滑り易くなってしまうからです。

放置してしまうと足腰への負担は大きくなります。

自宅がフローリングの場合は、ジョイントマットや滑り止めワックスなどを使うと滑りにくくなります。

ジョイントマットは汚れ拭き取ることができ、丸洗いも可能なのでお手入れが簡単です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

きなこ(Kinaco)(@kinacothegolden)がシェアした投稿 -

また、家の中を安全にすることも大切です。

段差や階段などで転倒することがないよう、ゲートやスロープを使って安全対策をしてください。

4.床と平行に抱っこする

椎間板ヘルニアの愛犬を抱っこしようとしたとき、「キャンッ!」と痛がった…という経験をしたことはないでしょうか。

これは、正しく抱っこできていない証拠であり、「できるだけ床と平行に抱っこする」のが正解です。

もし、脇の下や脇腹だけを持ち、立て抱っこしているようならすぐに止めましょう。

関節や腰に負担がかかってしまうからです。

また、同じ理由で人間の赤ちゃんのように仰向け抱っこも避けるべきです。

以下、参考動画

5.リードや首輪を見直す

愛犬の体に負担をかけないよう、首輪ではなく「胴輪」を選んであげましょう。

散歩中に突然ふらつくことがあり、首輪だと首の頸椎(けいつい)を痛めてしまう可能性もあるためです。

なお、一度でも椎間板ヘルニアになったことがある愛犬には「ハキハナハーネス」がお勧めです。

これだけでも、ヘルニアの再発防止に繋がります。

トイプードルのヘルニア:再発防止のポイント5つ まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • 椎間板ヘルニアは再発しやすい病気
  • 生活習慣改善など治療後のケアが大切
  • 愛犬のBCS(ボディ・コンディション・スコア)を知って食事や運動の管理をする
  • 体を動かすことだけでなく、神経を使ってストレスを発散させることもできる
  • 椎間板ヘルニアに冷えは大敵・体を冷やさないよう工夫する
  • 正しい抱っことハキハナハーネスで体への負担を少なくする

上記ポイントを抑えつつ、ヘルニアの再発防止に努めてください。

 

おすすめドッグフード

トイプードルの健康寿命を引き延ばすためにやるべきことは、「食育」です。人も犬も健康は体の内側から作られるものであり、これを怠ると、たとえ我が子のように可愛がっている愛犬でも短命に終わります。「どんなフードを与えるか」が重要だということです。

それにも関わらず、多くの人は「犬の食べ物なんて何でもいいでしょ」「これは体に良さそうだから・・」といった適当な食生活を送らせてしまいます。これでは、自ら我が子を短命に導いているようなものです。

例えば、あなたをいつも癒してくれる「愛犬との別れ」を実際に体験したことはあるでしょうか。私はほぼ同時期に2匹を失い、そのとき深い悲しみと自己嫌悪にさいなまれました。適切な栄養管理を怠り、愛情を注いでいるという思い込みだけで接していた自分に気付いてしまったからです。

犬の平均寿命は15年以上です。しかし、食に関する「私の知識不足により」2匹の愛犬は12年間しか生きることができませんでした。こうした深い悲しみを避け、愛犬の健康寿命を引き延ばすためには「あなたのトイプードルに合ったフード選び」が重要になります。犬専用フードなら何でも良いわけではありません。

フードによって「胃腸に優しい」「歯周病」「歯石」「口臭」「食べやすい」「活動量」「栄養バランス重視」など特徴が異なり、愛犬の環境に合わせて使用・併用すべきです。

以下のページでドッグフードの特徴を解説しているため、それぞれの違いを学ぶことで、トイプードルの健康寿命を引き延ばすことができるようになります。

トイプードル・お勧ドッグフードの特徴と違い

© 2020 トイプードルの教科書〜おすすめドッグフード・しつけ・飼い方 Powered by AFFINGER5