トイプードル:ストレスを感じている時のサインや症状

トイプードル:ストレスを感じている時のサインや症状を説明します

人間と同じように、犬もストレスを感じることがあります。

今回は、言葉を話せない犬がストレスを感じた時に見せるサインや症状を説明します。

本記事の内容

  • 段階別ストレスサイン
  • ストレス症状
  • ストレス対策・解消法

当サイトコンテンツは、飼育員・動物看護師・小動物看護士・愛玩動物飼養管理士,救命士・ペット食育士・トリマー・ホームドッグトレーナーなど資格を持つ専門家が監修しています。

トイプードルのストレス:症状とサイン

トイプードル:ストレスを感じている時のサインや症状を説明します

言葉を話せない犬は吠えるだけでなく、さまざまなボディランゲージを使って意思表示をしています。

まずは、ストレスを感じている時のサインを段階別に紹介します。

① 軽度のストレスサイン4つ

犬が軽いストレスを感じた時に見せるサインです。

犬自身でストレスを解消しようとしている段階で、ストレスの原因から距離を置けば解消されることがあります。

あくび

人間は眠いときにあくびをします。

犬もそうですが、他にも興奮を抑えたり、平静を保ったりするときにもあくびをします。

頻繁にあくびをするようなら、ストレスを感じている可能性があるということです。

顔をそらす

恐怖からストレスを感じた時、犬は恐怖を感じた物や人を見ないよう顔をそらします。

例えば、トイプードルは自分より大きな犬を見て顔をそらしたり、飼い主に怒られて顔をそらすことがあります。

これは「怖い」と感じ、ストレスから顔をそらしています。

呼吸が荒くなる

運動後でもないのに「ハァハァ」と呼吸が荒くなっていることがあります。

これは、不安を感じていたり、緊張していたりする可能性が高いです。

ストレスの対象がわかるようなら、愛犬がくつろげたり落ち着いたりできる場所に移動させてください。

体を震わせる

寒くないのに体を震わせていたら、不安や恐怖からストレスを感じているかもしれません。

これは、トイプードルなどの小型犬によく見られるストレスサインです。

飼い主は「大丈夫だよ」と声をかけるなどして、安心させてあげることが大切です。

② 中度のストレスサイン3つ

ここで、ストレスレベルが少し高くなったときのサインを紹介します。

この段階だと犬自身ではどうにもできません。

放置すれば、問題行動や健康に悪影響を及ぼす可能性もあるため、飼い主が対処する必要があります。

体の一か所を舐めつづける

身体の色々な場所を舐めるグルーミングとは違い、傷があるわけでもないのに、前足など体の一部を舐め続けることがあれば、ストレスを感じていることが多いです。

舐め続けると毛先の色が変わったり、皮膚炎になってしまう可能性もあります。

飼い主はストレスの原因を見つけ、解消してあげることが大切です。

耳を後ろに倒す、下半身を後ろに引きぎみにする

ストレスを感じていると耳を後ろに倒したり、下半身を引いて体勢を低くしたりする犬もいます。

もし、ストレスの対象が他の犬や人であれば、距離をとって、落ち着ける場所に移動してあげましょう。

歯をむき出してうなる

トイプードル:ストレスを感じている時のサインや症状を説明します

恐怖を感じたり、嫌なことをされると「うなる」ことがあります。

さらに、歯をむき出してうなっている場合は「噛む」「吠える」寸前の危ない状態です。

③ 重度のストレスサイン

ここからは、心身に支障をきたす重度のストレスサインです。

この状態が続くと、健康に悪影響を及ぼす可能性が高いです。

噛む・吠える

恐怖を感じたり、嫌なことを強要されたりすると強いストレスを感じ、噛んだり吠えたりします。

また、警戒心が高まった犬が自己防衛のためにする行動でもあります。

「噛む」「吠える」前に、飼い主が愛犬のストレスを察知して、対処することが必要です。

逃げる・隠れる

恐怖や不快感から強いストレスを感じているときに見せるストレスサインです。

この場合も、「逃げる」「隠れる」前に、飼い主が愛犬のストレスに気付き対処することが大切です。

ストレスが症状5つ

トイプードル:ストレスを感じている時のサインや症状を説明します

上記のようなストレスサインを「いつものこと」と見過ごしていないでしょうか。

また、気付いていても「元気だし大丈夫だろう」と安易に考えていないでしょうか。

確かに、犬自身でストレスを解消できる子もいます。

ストレスサインだけで済む場合もあります。

しかし、放置すると慢性的なストレス状態になり健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

脱毛

人間はストレスで髪が抜けたり、円形脱毛症になったりすることがあります。

これは犬も同様で、慢性的にストレスを感じ続けると脱毛してしまいます。

換毛期でもないのに、愛犬の抜け毛が増えたり、一か所だけ脱毛していたりすればストレス症状です。

このとき、「肢の間」「しっぽ」などが脱毛しやすいです。

ご飯を食べる量が減る

犬も人間と同様、ストレスで食欲は低下します。

この場合は大病が潜んでいる可能性もあるため、改善の兆しが見えないようなら病院を受診してください。

嘔吐

ストレスが限界に達したとき、食欲が低下するだけでなく何度も嘔吐することがあります。

嘔吐を繰り返すと食道を傷つけてしまうため、この場合もすぐに病院で診てもらいましょう。

下痢

食当たりでもなく下痢が続く場合は、ストレスによる可能性があります。

こちらも病気の可能性があるため、ストレスの原因を探り対処しつつ病院での受診が必要になります。

無駄吠えが増える・攻撃的になる

犬はストレスが限界に達すると、「嫌だ!助けてほしい!」という意思表示をしようとします。

その結果、吠える回数が増えたり、攻撃的になったりすることがあります。

このとき、無理に止めさせるとストレスが増す原因になってしまうため、飼い主の理解が必要になります。

ストレスによる行動だと理解しつつ、原因を究明し解消してあげることが大切です。

トイプードルのストレス症状とサイン:解消法4つ

ストレスが原因で病気になってしまったら大変です。

ここで、飼い主が愛犬にできるストレス解消法を4つ解説します。

1.散歩と運動

犬は基本的に運動が大好きです。

まずは十分な散歩と運動でストレスを発散させてあげましょう。

散歩や運動は飼い主とのコミュニケーションにもなり、お互いの絆を深めることもできます。

なお、雨の日や散歩ができない日は、トイプードルが大好きなボール遊びがおすすめです。

家具を端に寄せるなどして、愛犬が室内でも走り回れるよう工夫してください。

 

2.ガムを与える

「噛む」ことでストレス発散ができます。

すぐ食べ終わってしまうようなおやつではなく、適量のガムを与え噛む欲求を満たしてあげましょう。

3.お留守番に慣れさせる

1人で過ごすお留守番に慣れさせることも大切です。

犬は群れで生活をする生き物であり、ひとりになると不安になってしまうからです。

そのため、リーダーである飼い主がいなくてもストレスが溜まらないよう慣れさせる必要があります。

好きなおもちゃを与えたり、安心できるスペースを作ったりするとリラックスできます。

このとき、ハウスの訓練をしておくと効果的です。

生活環境の見直し

今の生活環境が愛犬にとって心地良いものか一度見直してみましょう。

  • 温度はエアコンをつけた状態で 25 ~ 28 ℃くらいを保つ
  • 愛犬が嫌がる音楽やテレビは控える
  • 愛犬が暮らす部屋にはルームフレグランスを置かない
  • ゲージを日陰に置くなど、明るさから回避できる居場所をつくる
  • トイレやゲージを常に清潔にする

季節や愛犬の年齢などに応じ、様子を見ながら改善すると良いです。

トイプードルのストレス:症状とサイン まとめ

トイプードル:ストレスを感じている時のサインや症状を説明します

記事のポイントをまとめます。

ストレスサイン

  • 軽度のストレスサイン
    あくび
    顔をそらす
    呼吸が荒くなる
    体を震わせる
  • 中度のストレスサイン
    体の一か所を舐めつづける
    歯をむき出してうなる
    耳を後ろに倒す、下半身を後ろに引きぎみにする
  • 重度のストレスサイン
    噛む・吠える
    逃げる・隠れる

ストレス症状

  • 脱毛
  • ご飯を食べる量が減無駄吠えする
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 無駄吠えが増える・攻撃的になる

ストレス対策・解消法

  • 散歩と運動を十分にさせる
  • 雨の日は室内運動で遊ぶ
  • ガムを噛んでストレス解消させる
  • 好きなおもちゃや落ち着けるスペースでお留守番に慣れさせる
  • 温度はエアコンをつけた状態で 25 ~ 28 ℃くらいを保つ
  • 愛犬が嫌がる音楽やテレビは控える
  • 愛犬が暮らす部屋にはルームフレグランスを置かない
  • ゲージを日陰に置くなど、明るさから回避できる居場所をつくる
  • トイレやゲージを常に清潔にする

愛犬にはストレスを抱え込まず、楽しく過ごしてほしいものです。

そうであれば、飼い主がストレスサインを見逃さないことが重要になります。

もしストレスサインが見られたら、すぐに原因を究明しつつ適切に対処するよう心掛けてください。

 

おすすめドッグフード

トイプードルの健康寿命を引き延ばすためにやるべきことは、「食育」です。人も犬も健康は体の内側から作られるものであり、これを怠ると、たとえ我が子のように可愛がっている愛犬でも短命に終わります。「どんなフードを与えるか」が重要だということです。

それにも関わらず、多くの人は「犬の食べ物なんて何でもいいでしょ」「これは体に良さそうだから・・」といった適当な食生活を送らせてしまいます。これでは、自ら我が子を短命に導いているようなものです。

例えば、あなたをいつも癒してくれる「愛犬との別れ」を実際に体験したことはあるでしょうか。私はほぼ同時期に2匹を失い、そのとき深い悲しみと自己嫌悪にさいなまれました。適切な栄養管理を怠り、愛情を注いでいるという思い込みだけで接していた自分に気付いてしまったからです。

犬の平均寿命は15年以上です。しかし、食に関する「私の知識不足により」2匹の愛犬は12年間しか生きることができませんでした。こうした深い悲しみを避け、愛犬の健康寿命を引き延ばすためには「あなたのトイプードルに合ったフード選び」が重要になります。犬専用フードなら何でも良いわけではありません。

フードによって「胃腸に優しい」「歯周病」「歯石」「口臭」「食べやすい」「活動量」「栄養バランス重視」など特徴が異なり、愛犬の環境に合わせて使用・併用すべきです。

以下のページでドッグフードの特徴を解説しているため、それぞれの違いを学ぶことで、トイプードルの健康寿命を引き延ばすことができるようになります。

トイプードル・お勧ドッグフードの特徴と違い

© 2020 トイプードルの教科書〜おすすめドッグフード・しつけ・飼い方 Powered by AFFINGER5