トイプードルの抜け毛が多い原因【対策やブラッシングの仕方】

toipu-dorunukegegenninn

トイプードルは「シングルコート」と呼ばれ、比較的抜け毛が少ない犬種として有名です。

しかし、換毛期だけでなく、ストレスや病気が原因で抜け毛が多くなることもあります。

そこで、トイプードルの抜け毛の原因やブラッシング方法、抜け毛対策などを紹介します。

本記事の内容

  • トイプードルの毛の特徴
  • トイプードルの抜け毛が多い原因4つ
  • 抜け毛対策3つ

当サイトコンテンツは、飼育員・動物看護師・小動物看護士・愛玩動物飼養管理士,救命士・ペット食育士・トリマー・ホームドッグトレーナーなど資格を持つ専門家が監修しています。

トイプードルの抜け毛が多い原因と対策①

toipu-dorunukegegenninn

犬の毛の種類には「シングルコート」「ダブルコート」があり、トイプードルは「シングルコート」です。

シングルコートの犬は、アンダーコートとオーバーコートを持つダブルコートの犬に比べ、抜け毛は少ないが寒さに弱いと言われています。

換毛期と子犬から成犬になるタイミング

抜け毛が少ないと言われるトイプードルも、季節の変わり目の換毛期には抜け毛が多くなります。

換毛期は主に春と秋で、夏用の毛と冬用の毛が生え変わる時期のことです。

この時期は、いつもより抜け毛が増えるので、丁寧にブラッシングをする必要があります。

また、成長期に、子犬の毛から成犬の毛へ生え変わる時期も抜け毛が増えます。

この時期も、毛の生え変わりを促進するために、きちんとブラッシングしてあげましょう。

ストレス

人間がストレスで抜け毛が増えたり円形脱毛症になることがあるように、犬もストレスを過剰に感じると、抜け毛が増えたり、一か所だけ脱毛してしまうことがあります。

この場合は、飼い主がストレスの原因を探り対処する必要があります。

皮膚炎

アトピー性皮膚炎や、ノミ・ダニなどの外部寄生虫による皮膚炎が原因で抜け毛が多くなることもあります。

皮膚炎が抜け毛の原因である場合、抜け毛以外にも、かゆみや発疹、フケがみられます。

ホルモンバランス

痒みはないものの、全体的に薄毛になった場合はホルモンバランスの異常が原因かもしれません。

ホルモンバランスが原因の場合、左右対称に毛が薄くなったり体全体の被毛が薄くなったりします。

他にも、皮膚が薄くなる、黒ずむ、毛のツヤがなくなる、フケが出るなどの症状も見られます。

トイプードルの抜け毛が多い原因と対策②

toipu-dorunukegegenninn

比較的抜け毛の少ないトイプードルですが、部屋のカーペットや洋服に抜け毛が付いていると気になる人もいるでしょう。

ここで、トイプードルの抜け毛対策を3つ紹介します。

ブラッシング

トイプードルには「1日1回」のブラッシングが理想です。

トイプードルは抜け毛は少ない犬種ですが、毛が絡まり毛玉になりやすい特徴があります。

毛玉を放置すると皮膚トラブルを起こしたり、ノミやマダニといった寄生虫が住み着きやすくなったりします。

毛玉を作らないためには、毎日のブラッシングが大切です。

また、ブラッシングは、トイプードルの毛をキレイに保つだけでなく、血行を良くして新陳代謝を高める効果もあります。

ブラッシングの手順

自宅でブラッシングする際の手順や注意点を説明します。

※上記動画は参考になります

1.絡んだ毛をほぐす

愛犬が動かないよう落ち着かせ、まずは絡んで毛玉になっている部分をほぐします。

毛が絡んだままブラッシングすると痛い思いをさせてしまうからです。

指でほぐしてからスリッカーブラシを使い、根本からとかしていきましょう。

2.ブラッシング

スリッカーブラシを軽く持ち、皮膚に押し付けないようにして、毛の流れと反対にブラッシングしていきます。

愛犬の肌に負担をかけないよう、皮膚と平行にブラシを動かします。

順番は、背中→首元→お尻周り→お顔周り→お腹周りがおすすめです。

3.お顔周り

顔を触られるのが苦手な犬も多いです。

そのため、まずは柔らかいブラシで慣れさせてからスリッカーブラシに切り替えるとスムーズにいきます。

このとき、耳の表面や付け根も忘れずにブラッシングしてあげてください。

4.お腹周り

お腹を触られるのが苦手な犬も多いため、お顔のブラッシング同様に時間をかけて丁寧に行います。

ブラッシングの前に、優しくお腹を撫でてリラックスさせるとスムーズに進みます。

愛犬がリラックスしたら、スリッカーブラシを使い、優しく毛をとかしていきます。

5.仕上げはコームを使う

スリッカーブラシで全身の毛をとかしたら、仕上げにコームを使って毛並みを整えていきます。

根本から毛先に向かってゆっくり動かしていきます。

やり残しがないか確認し、引っ掛かりを感じたら再度ブラッシングしてください。

注意点

  • スリッカーブラシを使う
    トイプードルの毛は「シングルコート」と呼ばれ、アンダーコートと呼ばれる下毛ありません。
    そのため、アンダーコートを取り除くようなブラシは使ってはいけません。
    シングルコート用のスリッカーブラシを使用してあげましょう。
  • スリッカーブラシは優しく持つ
    握りしめると力が入ってしまい、愛犬が痛い思いをする可能性があるので注意しましょう。
  • 褒める
    ブラッシング中もブラッシング後も、たくさん褒めてご褒美をあげてください。
    愛犬が「ブラッシングをするといいことがある」と覚えると、スムーズにブラッシングができるようになります。

定期的なシャンプーとトリミング

定期的なシャンプーで皮膚を清潔に保ちます。

トイプードルの場合、「2週間~3週間に1回」のシャンプーが理想といわれています。

ただ、毛量が少なめのトイプードルや毛が短いトイプードルの場合は「1ヶ月に1回」で十分です。

また、皮膚にトラブルがあるトイプードルの場合は、皮膚の状態に合ったシャンプーを病院で選んでもらうと安心です。

「1ヶ月に1回程度のトリミング」で毛を整えることも、抜け毛対策として有効です。

ノミ・マダニ対策

部屋を清潔にすることで、ノミ・マダニ対策になります。

ノミやマダニは、皮膚炎を引き起こし脱毛につながったり、アレルギーの原因になったりもします。

年間を通して部屋を清潔にし、ノミやマダニに気を付けるようにしてください。

トイプードルの抜け毛が多い原因と対策 まとめ

toipu-dorunukegegenninn

記事のポイントをまとめます。

トイプードルの毛の特徴

  • シングルコートで基本的には抜け毛が少ない犬種

抜け毛が多い原因4つ

  • 換毛期と成長期
  • ストレス
  • 皮膚炎
  • ホルモンバランス

抜け毛対策3つ

  • ブラッシング
    「シングルコート」用のスリッカーブラシを使い、ブラッシングができたらたくさん褒める
  • 定期的なシャンプーとトリミング
    「2~3週間に1回」のシャンプーと「1ヶ月に1回」のトリミングで清潔を保つ
  • ノミ・マダニ対策
    年間を通して部屋を清潔に保つ

トイプードルの抜け毛は、換毛期だけでなく病気やストレスが原因のこともあります。

その場合はできる限り早く病院を受診し、治療を受けさせてあげるようにしてください。

 

おすすめドッグフード

トイプードルの健康寿命を引き延ばすためにやるべきことは、「食育」です。人も犬も健康は体の内側から作られるものであり、これを怠ると、たとえ我が子のように可愛がっている愛犬でも短命に終わります。「どんなフードを与えるか」が重要だということです。

それにも関わらず、多くの人は「犬の食べ物なんて何でもいいでしょ」「これは体に良さそうだから・・」といった適当な食生活を送らせてしまいます。これでは、自ら我が子を短命に導いているようなものです。

例えば、あなたをいつも癒してくれる「愛犬との別れ」を実際に体験したことはあるでしょうか。私はほぼ同時期に2匹を失い、そのとき深い悲しみと自己嫌悪にさいなまれました。適切な栄養管理を怠り、愛情を注いでいるという思い込みだけで接していた自分に気付いてしまったからです。

犬の平均寿命は15年以上です。しかし、食に関する「私の知識不足により」2匹の愛犬は12年間しか生きることができませんでした。こうした深い悲しみを避け、愛犬の健康寿命を引き延ばすためには「あなたのトイプードルに合ったフード選び」が重要になります。犬専用フードなら何でも良いわけではありません。

フードによって「胃腸に優しい」「歯周病」「歯石」「口臭」「食べやすい」「活動量」「栄養バランス重視」など特徴が異なり、愛犬の環境に合わせて使用・併用すべきです。

以下のページでドッグフードの特徴を解説しているため、それぞれの違いを学ぶことで、トイプードルの健康寿命を引き延ばすことができるようになります。

トイプードル・お勧ドッグフードの特徴と違い

© 2020 トイプードルの教科書〜おすすめドッグフード・しつけ・飼い方 Powered by AFFINGER5