トイプードルのアレルギー症状:外耳炎・蕁麻疹・皮膚炎について

toipuudoruarerugiisyouzyou

トイプードルは、さまざまなアレルギーになりやすい犬種です。

何らかの原因で、外耳炎・蕁麻疹・皮膚炎などの症状を引き起こすことはよくあります。

そこで、トイプードルの外耳炎・蕁麻疹・皮膚炎にスポットを当て、症状や原因について解説していきます。

併せて検査方法も説明しているため、参考にしてください。

当サイトコンテンツは、飼育員・動物看護師・小動物看護士・愛玩動物飼養管理士,救命士・ペット食育士・トリマー・ホームドッグトレーナーなど資格を持つ専門家が監修しています。

トイプードルのアレルギー症状:外耳炎・蕁麻疹・皮膚炎

toipuudoruarerugiisyouzyou

トイプードルは、食物アレルギーやアレルギー性皮膚炎が原因で外耳炎になることがあります。

ここで、外耳炎について解説します。

外耳炎の症状と原因

外耳炎とは、耳の穴から鼓膜の手前までに起こる炎症のことです。

早期に治療しないと症状は悪化し、中耳炎になってしまいます。

外耳炎の症状

  • 耳を掻く
  • 頭や耳を振る
  • 耳の中が赤く腫れている
  • 耳垢の量が増える
  • 耳の中から独特なニオイがする
  • 頭をいつも同じ向きに傾ける
  • 耳を触られるのを嫌がる
  • 触ると痛がる

上記のような症状が見られた場合は、すぐに受診してください。

基本的な治療は定期的な耳道洗浄になります。

自宅では不十分なことも多いため、病院での洗浄をおすすめします。

状態によっては点耳薬や飲み薬、注射薬などで治療することもあります。

なお、外耳炎が慢性化すると、耳穴が閉じて重症化してしまうケースがあるので注意してください。

こうなれば、手術するしかありません。

少しでも症状が見られる場合は、早期治療が大切です。

アレルギー性皮膚炎の症状と原因

toipuudoruarerugiisyouzyou

トイプードルは皮膚炎になりやすく、特にアレルギー性皮膚炎が多いです。

  • ノミが原因の「ノミアレルギー性皮膚炎」
  • 食物が原因になる「食物アレルギー性皮膚炎」
  • 環境中のアレルゲンに反応する「アトピー性皮膚炎」

そこで、アレルギー性皮膚炎について解説します。

アレルギー性皮膚炎の症状

  • 顔・耳・足先・内股・ワキ・肛門付近などの皮膚が炎症を起こし赤くなる
  • 激しい痒みで一日中舐めたり、咬んだり、引っ掻いたりを繰り返す
  • 50%以上の確率で外耳炎になる

上記のように、原因はさまざまです。

最も多いのはダニで、次に食物アレルギーの順番となります。

実は、一度アレルギー性皮膚炎になると治りません。

生活環境や食生活を見直しつつ、アレルギーと上手に付き合っていくことになります。

蕁麻疹の症状と原因

toipuudoruarerugiisyouzyou

蕁麻疹とは、皮膚に見られる境目がはっきりした発赤(はっせき)の扁平隆起(へんぺいりゅうき)の状態を言います。

急性であることが多く、原因に干渉してから1~2時間で現れ、発疹は2~3日で改善します。

蕁麻疹の原因は、吸血昆虫の昆虫毒や薬品、食物に対するアレルギーが多いです。

蕁麻疹の症状

  • 激しい痒みで一日中体を掻いたり舐めたりする
  • 上記が原因で、その部分が赤くなる
  • 上記が原因で、その部分が脱毛する

アレルギーの検査方法

toipuudoruarerugiisyouzyou

もし、アレルギー性皮膚炎になってしまったとき、原因を突き止めることが大切です。

何がアレルゲンになっているのか調べるということです。

アレルギーの検査方法は4種類あります。

  • プリックテスト
  • RASTテスト
  • リンパ球反応検査
  • 被毛による検査

プリックテスト

プリックテストとは、あえて皮膚内にアレルギー物質を入れ、15~20分後に反応が起きるかどうかを見る検査です。

皮膚が赤くなったり、腫れたり、痒くなったりした場合、注入した物質がアレルゲンであるとわかります。

ただ、皮膚内にアレルゲンを入れると負担がかかり過ぎる、ということから最近はあまり行われていません。

RASTテスト

RASTテストは、犬のアレルギー検査で最もポピュラーな方法です。

少量の血液をとり、血液中のlgE抗体の濃度を測定し、アレルゲンとされる物質について抗体反応を調べる検査です。

lgE抗体とは?

IgEは免疫グロブリンの一種です。

身体のなかに入ってきたアレルギーの原因物質(アレルゲン)に対して働きかけ、身体を守る機能を持つ抗体のことです。

抗体の数値が高いほどアレルギー症状を起こす可能性が高いと判断できます。

ただ、必ずしも数値の高さとアレルギーの強さが比例するわけではありません。

リンパ球反応検査

リンパ球反応検査とは、lgE抗体検査ではわからない、リンパ球を介したアレルギー反応を調べる血液検査です。

血液から分離したリンパ球と、アレルゲンになりそうな各物質を混ぜて培養し、活性化リンパ球の数をフローサイトメトリーによって特定します。

フローサイトメトリーとは?

フローサイトメトリーとは細胞の性質を解析する技術のことを言います。

特に食物アレルギーが疑われるときに用いられる検査方法です。

被毛による検査

犬の被毛を20本ほど採取し、郵送します。

これだけで、食物アレルギー75項目と、環境アレルギー72項目をチェックしてもらえます。

なお、この検査は次の人に向いています。

  • 忙しくて病院に連れて行けない
  • 老犬で病院に行くことが負担になる
  • アレルギー症状がないか確認したい

「ワンニャン健康クラブ」で行えますが、検査キットは18,000円と高めです。

トイプードルのアレルギー症状:外耳炎・蕁麻疹・皮膚炎 まとめ

toipuudoruarerugiisyouzyou

記事のポイントをまとめます。

外耳炎は、早期治療しないと中耳炎になってしまう可能性あり

  • 基本的な治療は定期的な耳道洗浄
  • 病院での洗浄がおすすめ

トイプードルはアレルギー性皮膚炎になりやすい

  • ノミが原因の「ノミアレルギー性皮膚炎」
  • 食物が原因になる「食物アレルギー性皮膚炎」
  • 環境中のアレルゲンに反応する「アトピー性皮膚炎」

※一度アレルギー性皮膚炎になると治らないため、生活環境や食生活を見直しつつ上手に付き合っていくことになる

蕁麻疹の原因は、吸血昆虫の昆虫毒や薬品、食物に対するアレルギーが多い

アレルギーの検査方法は4種類 
もう一度検査方法を確認する

 

おすすめドッグフード

トイプードルの健康寿命を引き延ばすためにやるべきことは、「食育」です。人も犬も健康は体の内側から作られるものであり、これを怠ると、たとえ我が子のように可愛がっている愛犬でも短命に終わります。「どんなフードを与えるか」が重要だということです。

それにも関わらず、多くの人は「犬の食べ物なんて何でもいいでしょ」「これは体に良さそうだから・・」といった適当な食生活を送らせてしまいます。これでは、自ら我が子を短命に導いているようなものです。

例えば、あなたをいつも癒してくれる「愛犬との別れ」を実際に体験したことはあるでしょうか。私はほぼ同時期に2匹を失い、そのとき深い悲しみと自己嫌悪にさいなまれました。適切な栄養管理を怠り、愛情を注いでいるという思い込みだけで接していた自分に気付いてしまったからです。

犬の平均寿命は15年以上です。しかし、食に関する「私の知識不足により」2匹の愛犬は12年間しか生きることができませんでした。こうした深い悲しみを避け、愛犬の健康寿命を引き延ばすためには「あなたのトイプードルに合ったフード選び」が重要になります。犬専用フードなら何でも良いわけではありません。

フードによって「胃腸に優しい」「歯周病」「歯石」「口臭」「食べやすい」「活動量」「栄養バランス重視」など特徴が異なり、愛犬の環境に合わせて使用・併用すべきです。

以下のページでドッグフードの特徴を解説しているため、それぞれの違いを学ぶことで、トイプードルの健康寿命を引き延ばすことができるようになります。

トイプードル・お勧ドッグフードの特徴と違い

© 2020 トイプードルの教科書〜おすすめドッグフード・しつけ・飼い方 Powered by AFFINGER5