トイプードルの歯磨きの仕方【おすすめ歯ブラシも紹介】

2020年9月27日

トイプードルの歯磨きの仕方【おすすめ歯ブラシも紹介】

トイプードルの歯磨きは、きちんとしていますか?

「歯磨きはしているけど嫌がる」「正しい歯磨きの仕方がわからない」というのが本音ではないでしょうか。

小型犬のトイプードルは、口が小さく歯石がつきやすいため、歯周病にかかりやすい犬種です。

そこで、次の内容を解説します。

本記事の内容

  • 歯磨きの仕方
  • 歯磨きの頻度・始める時期
  • 歯ブラシの選び方・おすすめ歯ブラシ
  • おすすめ歯磨きガム
当サイトコンテンツは、飼育員・動物看護師・小動物看護士・愛玩動物飼養管理士,救命士・ペット食育士・トリマー・ホームドッグトレーナーなど資格を持つ専門家が監修しています。

トイ プードルの歯磨きの仕方(小型犬)

トイプードルや小型犬の、一般的な歯磨きの仕方を説明します。

  1. 歯磨きの前に、トイプードルの口周りや歯茎を触り歯磨きの合図をします
  2. 慣れてきたら、トイプードルの口を持って上唇をめくり、まずは歯の外側の手前の歯から奥歯に向けて磨きます。人間の歯磨きと同じように、強い力を加えるのではなく、優しくなでるように磨きます
  3. 歯の外側が磨けたら、次は歯の内側を磨きます

こちらの動画でも説明していますので、参考にしてください。(1:17分~歯磨きです)

歯磨きの頻度

  • 1日1回の歯磨きが理想
  • 最低2~3日に1回の歯磨き

毎日のご飯により、トイプードルの歯に付いた歯垢は数日で歯石に変化します。

歯石になってしまうと歯磨きで取ることができず、最悪の場合、全身麻酔で歯石を除去したり、手術で抜歯をしたりとトイプードルの負担になってしまいます。

歯垢を付けないためにも1日1回の歯磨きが理想です。

しかし、飼い主の都合によって、1日1回の歯磨きが難しいこともあります。

その場合は、歯磨きを週2~3回にし、歯磨きガムの併用でお口のケアをしてあげてください。

また、与えているドッグフードの種類によっても歯石の付きやすさが変わります。

「ウェットタイプ」よりも、かみ砕く「ドライタイプ」の方が歯垢が付きにくいです。

歯磨きが週2~3回の場合は「ドライタイプ」を与えるといいでしょう。

歯磨きを始める時期

歯磨きを始める時期は、「生後3ヶ月頃から」がおすすめです。

理由は、幼い乳歯の頃から歯磨きに慣れさせるためです。

ただ、乳歯は生後6ヶ月までに抜けますので、しっかり磨くというよりも、歯磨きに慣れさせ、歯磨きをコミュニケーションの一環とする程度で問題ありません。

「乳歯は生え変わるから歯磨きは必要ない」と考える方もいますが、永久歯に生え変わったタイミングでいきなり歯磨きを始めるのは、トイプードルが嫌がる可能性が高いです。

歯磨きに慣れさせるという意味でも、生後3ヶ月頃から歯磨きを始めるのが理想的です。

歯磨きに慣れさせる手順

トイプードルの歯磨きの仕方【おすすめ歯ブラシも紹介】

次に、歯磨きに慣れさせるまでの手順を紹介します。

犬は口を抑えられるのが苦手です。

なぜなら、口を抑えられる=負け(服従)と犬の世界ではなっているからです。

例えば、犬同士のしつけで親が子に「ダメ」を教える際に口を噛みますし、仔犬同士のケンカでも相手の口を噛んで力関係を示します。

歯磨きを嫌がるのは当然だと考え、ゆっくり焦らずに進めましょう。

1.口に触るところからスタート

顔を撫でる時に一緒に口元を撫でたり、鼻の辺りから徐々に口を触ってみたり、口を触られることに慣れさせましょう。

飼い主が口に触っても怒らなければ、たくさん褒めてあげてください。

2.唇をめくる

口に触らせてくれるようになったら、次は唇をめくってみます。

ここで嫌がるようであれば、いったんスタートに戻ります。

唇をめくっている間に、嫌がって動いたり、噛んだりしなければ「頑張ったね!」と褒めてあげてください。

3.ガーゼで歯に触る

いきなり歯ブラシではなく、ガーゼを指に巻き、唇をめくって見えた歯を優しく触ります。

まずは触りやすい前歯1本から始めます。

触られることに慣れてきたら、口を耳の方にやさしくめくり、少しずつ奥歯に触っていきます。

このときは、「磨く」というよりも「優しく触る」だけで十分です。

歯に触らせてくれたら、たくさん褒めてあげることがポイントです。

4.歯ブラシを口の中に入れる

奥歯まで触らせてくれるようになったら、ついに歯ブラシの登場です。

いきなり歯ブラシで磨くのではなく、まずは歯に優しく触る程度にしましょう。

歯ブラシで歯に触らせてくれるようになったら、歯を傷つけないように濡らした歯ブラシで優しく歯を磨いていきます。

歯磨きの後はたくさん褒めて、ご褒美をあげてください。

ポイント

歯磨きを習慣にするには「焦らないこと」「褒めること」がポイントです。

トイプードルが嫌がる日は無理に練習しなくてもいいですし、1回で全部の歯が磨けなくても大丈夫です。

歯磨きには犬が苦手な要素があります。

歯磨きを嫌いにさせないことが重要なポイントになってきます。

歯ブラシの選び方

歯ブラシを選ぶ際、気を付けるべきポイントがあります。

  • 小型犬には、歯ブラシのヘッドが小さく丸い物
  • 歯ブラシの毛が柔らかい物
  • 歯ブラシの持ち手が長すぎない物

理由を順に説明していきます。

小型犬には、歯ブラシのヘッドが小さく丸い物

犬の口の大きさによって、歯ブラシの種類を変える必要があります。

トイプードルや小型犬はあごや口が小さいので、歯茎を傷めないよう、ヘッドが小さく丸い物がおすすめです。

歯ブラシの毛が柔らかい物

歯ブラシの毛が固い物は、歯肉を痛めてしまう可能性だけでなく、歯の表面のエナメル質を傷つけてしまいます。

犬の歯のエナメル質は、人の歯のエナメル質より柔らかく傷つきやすいと言われています。

そのため、毛が柔らかいものを選ぶようにしてください。

歯ブラシの持ち手が長すぎない物

トイプードルや小型犬の場合、口が小さいので歯ブラシの持ち手が長いと喉につかえてしまう可能性があります。

全長が15~20cm程度の物を選ぶようにしましょう。

おすすめ歯ブラシ4つ

歯ブラシを選ぶ際のポイントを踏まえ、おすすめの歯ブラシを4つ紹介します。

マインドアップ 犬口ケア歯ブラシ スモール ¥302

トイ プードルの歯磨きの仕方って?おすすめの歯ブラシも紹介

ヘッドが小さく毛も柔らかい作りの、小型犬向け歯ブラシです。

また、歯ブラシの柄の部分が薄い作りになっており、曲がりやすいので奥歯も磨きやすいと高評価の歯ブラシです。

サイズ 長さ15cm
ヘッドサイズ 長さ1.3cm×幅1.0cm
材質 柄:ABS樹脂、毛:ナイロン

ビバテック シグワン 小型犬用歯ブラシ ¥428円

トイプードルの歯磨きの仕方【おすすめ歯ブラシも紹介】

歯磨きが苦手な子に特におすすめな歯ブラシです。

歯ブラシのヘッド360°極細毛が付いているので、どの向きでも必ずブラシの毛が歯に当たり、磨きやすいです。

また、六角形の柄も、飼い主の手にフィットするように工夫されています。

ただ、歯ブラシの毛が少し固めなので、優しく磨いてあげましょう。

サイズ 長さ16.7cm
ヘッドサイズ 長さ1.5cm×幅0.8cm
材質 柄:PET樹脂、毛:ナイロン

犬用歯ブラシ / Ci シュワワ ¥240

トイプードルの歯磨きの仕方【おすすめ歯ブラシも紹介】

こちらは、獣医師が開発に携わった歯ブラシです。

ヘッドサイズが小さく歯ブラシの毛も柔らかいので、小型犬に使いやすいと高評です。

サイズ 長さ16.4cm
ヘッドサイズ 長さ1.5cm×幅0.9cm
材質 -

ビルバック (Virbac) C.E.TデンタルブラシS 小型犬・猫用 ¥537

トイプードルの歯磨きの仕方【おすすめ歯ブラシも紹介】

歯の隙間や細かい部分を磨くことに適した歯ブラシで、徹底的に歯磨きをしたい方にもおすすめです。

ただ、柄の部分が短いため手から離れてしまう可能性があります。

トイプードルが飲み込まないように注意しましょう。

サイズ 6cm
ヘッドサイズ 約2cm
材質 プラスチック

おすすめ歯磨きガム

トイプードルの歯磨きの仕方【おすすめ歯ブラシも紹介】

次に、おすすめの歯磨きガムを4つ紹介します。

歯磨きガムを与えるメリットは4つです。

  • 毎日歯磨きできないとき
  • 口臭予防
  • 歯石予防
  • 愛犬のストレス発散

お口のケアだけでなく、噛むことでストレス発散にもなります。

1日1本を目安に与えたいですね。

グリニーズ プラス 口臭ケア フレッシュミント入り ¥2,040

トイプードルの歯磨きの仕方【おすすめ歯ブラシも紹介】

アメリカの獣医師、栄養士、農学者によって開発された、確かな歯みがき効果を発揮する歯磨きガムです。

動物病院やペットショップでも見かける定番商品ですが、日本だけでなく世界各国で愛されています。

また、主成分は小麦で、牛や豚アレルギーの子にも安心して与えられます。

ビルバック C.E.T. ベジデントフレッシュ S ¥1,520

トイプードルの歯磨きの仕方【おすすめ歯ブラシも紹介】

噛むことで歯垢、歯石の付着を軽減し、口臭を予防します。

こちらは、植物由来の原料で作られており、動物性食物アレルギーがある子にもおすすめです。

ドギーマンハヤシ 激かみ! 歯みがきガム スティック小型犬用 ¥486 

トイプードルの歯磨きの仕方【おすすめ歯ブラシも紹介】

他の歯磨きガムと比べてとても固いのが特徴です。

よく噛むことで歯に絡みついた歯垢をこそげ落とし、長く何度も噛むことで、さらに効果的に歯垢を除去します。

すぐ歯磨きガムを食べ終わってしまう子にもおすすめです。

ちなみに、ガムの緑色は、天然由来の葉緑素クロロフィルの色です。

ベストパートナー デンタルスティックナチュラル ¥440

トイプードルの歯磨きの仕方【おすすめ歯ブラシも紹介】

国産の牛皮を使用した、無添加・無着色の歯磨きガムです。

無添加で原材料もシンプルなので、安心して毎日与えられます。

また「小型犬にも食べやすいサイズ」とのレビューもありました。

トイプードルの歯磨きの仕方 まとめ

トイプードルの歯磨きの仕方【おすすめ歯ブラシも紹介】

以上、トイプードルの歯磨きの仕方から歯磨きに慣れさせる手順、おすすめの歯ブラシなどを紹介しました。

  • 歯磨きは1日1回が理想
  • 歯磨きに慣れさせるには「焦らずゆっくり」「褒めること」がポイント
  • 小型犬には「ヘッドが小さく丸い」「毛先が柔らかい」歯ブラシがおすすめ
  • 歯磨きガムも歯石や口臭予防に効果的

人間と同じようにトイプードルにとっても歯磨きは重要です。

歯磨きの習慣作りに、この記事が参考になれば嬉しいです。

 

おすすめドッグフード

トイプードルの健康寿命を引き延ばすためにやるべきことは、「食育」です。人も犬も健康は体の内側から作られるものであり、これを怠ると、たとえ我が子のように可愛がっている愛犬でも短命に終わります。「どんなフードを与えるか」が重要だということです。

それにも関わらず、多くの人は「犬の食べ物なんて何でもいいでしょ」「これは体に良さそうだから・・」といった適当な食生活を送らせてしまいます。これでは、自ら我が子を短命に導いているようなものです。

例えば、あなたをいつも癒してくれる「愛犬との別れ」を実際に体験したことはあるでしょうか。私はほぼ同時期に2匹を失い、そのとき深い悲しみと自己嫌悪にさいなまれました。適切な栄養管理を怠り、愛情を注いでいるという思い込みだけで接していた自分に気付いてしまったからです。

犬の平均寿命は15年以上です。しかし、食に関する「私の知識不足により」2匹の愛犬は12年間しか生きることができませんでした。こうした深い悲しみを避け、愛犬の健康寿命を引き延ばすためには「あなたのトイプードルに合ったフード選び」が重要になります。犬専用フードなら何でも良いわけではありません。

フードによって「胃腸に優しい」「歯周病」「歯石」「口臭」「食べやすい」「活動量」「栄養バランス重視」など特徴が異なり、愛犬の環境に合わせて使用・併用すべきです。

以下のページでドッグフードの特徴を解説しているため、それぞれの違いを学ぶことで、トイプードルの健康寿命を引き延ばすことができるようになります。

トイプードル・お勧ドッグフードの特徴と違い

© 2020 トイプードルの教科書〜おすすめドッグフード・しつけ・飼い方 Powered by AFFINGER5